風水生活
2015-03-15-21-28-53
岡山のお菓子を頂きました。
 
廣榮堂のきびだんご。
 
最近、某携帯電話会社のCMで桃太郎の姿を見る機会が増えてますね。
すこし前にも桃太郎のストーリーを映像化したコーラのCMが流れていました。


誰もが知っている桃太郎の鬼退治の物語。
 
実はこの物語には陰陽五行説が大きく影響しています。


陰陽五行説とは…
万物を陰と陽に分類し、森羅万象の構成要素(気)を木・火・土・金・水の5つが循環して変化するという考え方。四季の変化、一日のうちの時刻の流れもこれに基づく。それぞれに対応する「色」、「果物」もある。


「桃」は古代中国で「聖なる果実」と考えられ邪気を払う実と信じられてきました。
と同時に、桃は五行思想の五果のうち「金」を象徴する果物。

金は五行(木・火・土・金・水)の中で、もっとも強く堅固です。

桃の中から生まれた桃太郎は、この金気を受けているので強さの象徴。


一方敵役の鬼が住んでいる鬼ヶ島は、鬼門と呼ばれる北東に位置しています。

昔から鬼門には鬼が集まり災厄がやってくると考えられていました。

十二支でいうと「丑寅」の方角。

鬼が角を生やして寅柄のパンツをはいているのは、このためだと一説では考えられています。

 
桃太郎は、鬼門(北東)に対抗できる裏鬼門(南西)の方角から、

時計回りに申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)の3匹の家来を集めて鬼ヶ島に向かいます。

図に表すとこんな感じです ↓

もも太郎


申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)は金気を表す生き物。

桃太郎と三匹の家来を合わせた「4」という数字は、金気の生数。

 
桃太郎が家来に渡したきび団子は黄色で土気。

土気は「土生金」の理によって、桃太郎・申・酉・戌を助けて金気を増す祐気の食べ物。
 

金気を増した桃太郎と家来は海(亥・子=水)をわたって『鬼が島(丑・寅)』にたどり着き、鬼を退治し「金」銀財宝を手に入れるのです。

たんなる昔話だと思っていた桃太郎には五行の理がいっぱい詰まってます。


例のCMも見る目が変わってしまいそうですね(笑)


▼ブログランキングに参加しております。
 下記のバナーをクリックしていただけたら、とても嬉しいです!

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ

 

風水カウンセリングのお申し込みはこちらから → ☆☆☆

Comments

    • 気付いた人。's comment
    • 2018年02月02日 19:07
    • いきなりすみません。
      お気を悪くされてしまうかもしれませんが、図を見ていてあれ?と 思うところがありました。夏と冬の漢字の位置だけが上下が逆になっております。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
Profile(↓ 写真をクリック)
  • プロフィール
汐美 まいこ
風水カウンセラー
Instagram